読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休学した1年間の振り返り(気づきを中心に)

2017.3.30

今回は読書を通しての気づきではなく、長期インターンを通して得た気づきを文字に残そうと思います。

ふと思い立ったときに追記をしていくものにするつもりです。

第一回目の気づきは『想いと手段について』

実は以前、Tグループで和さんから「良い悪いとかではなく、大智はやり方にこだわるよね」という言葉をもらったことがあります。(これを嫌みなく伝えられる和さんはすごい!)

確かに私はやり方や手段に対して最初に目が向きがちです。

そしてインターン卒業のときに黒川さんからもたっフィードバックにも、「想いは手法の上流にあり」という言葉がありました。

やり方や手段ばかりにこだわっていても、結果はついてこないみたいです。

やり方や手段はついてくるものなので、それよりもむしろ想いを持って物事に取り組むことこそが結果につながるのだろうなと学びました。

これからは結果を出していくためにも、自然に想いが先行するようなものに取り組んだり、組織に身を置いていこうと思います。

まずは大好きな和ゼミの為に、想いを持って取り組んでみようかな!

(想い=目的??)